あなたの知ってる世界! 
UFO 幽霊 心霊 心霊以外の怖い話 不思議体験 超能力  2chで見つけた怖い話…オカルト心霊ブログ
厳選リンク集

こんばんわくわくめーる ハッピーメール


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こちらもどうぞ>>
水中睡眠
部活の時の話し

気温30℃を超える夏日に3時間もぶっ通しでラグビーの練習に励んだ俺達…先生方に殺意を抱きながらも熱い体をクールダウンしようと学校のプールに向かった

適当にワイワイ騒ぎ、素潜りしたり鬼ごっこなんかして遊んだ
その内に息止め勝負しようぜ!!って話しになり、四人で勝負することになった

合図とともにみんな潜る、チョンボしない方法としてプールの底に座り向かい合う形で息を止める

30秒か40秒かたった時、痛みはないけど全身がピーンと張って動けなくなった
そのまま仰向けに寝るような形になり、なんか心地よい感じ…暖かい布団の中にいるような感じがして眠るように目を閉じた

夢??走馬灯??自分が学校と家を凄いスピードで行ったり来たり、空に急上昇したり気分爽快だったが体が凄く冷たかった
空に上がり雲の上まで来たら今度は急降下し始めた、下に家やらビルやらが見えてきて、何とか止めたかったが止まらない…そのままコンクリートに激突した

激突した瞬間、ビクッと体が跳ね上がった…この時まだ水の中にいて急いで底を蹴って水面に顔を出した
メチャクチャ咳き込んだし体もだるくて心無しかギシギシする

後の三人も同じぐらいのタイミングで上がってきた
お互い顔を見合わせ呆然、お昼近くにプールに入った筈が周りは真っ暗
時計を見てみると7時少し過ぎぐらい…

7時間も寝てた??水の中で??四人同時に???意味わかんねw
夏の不思議体験、肌は全くふやけてなかった




こちらもどうぞ>>
スポンサーサイト
変わった子
今日友達のAがうちに愚痴りにきて話がオカルトの話になったんでこんな話をしてくれた。

まぁ、オカルトっていうか、変な人の話を。


私の友達のAが高校生(現在2●歳)のころ友達でNっていう女の子いて
そのこがちょっとおかしい子だったんですよ。
ある日Aの家に遊びに来たNが「この家、なにかいるね」ってなこと言いい出して、
その何かいるっていうのは多分幽霊のことだと思いますけどそれでNは
「私は中大兄皇子の子孫なの霊感もある」とかも言い出したんです。
Aは「じゃあ私は小野妹子の子孫やな」とか冗談まじりにその時は軽く流したりしてたんですって。
それをAが自分の学校の友達に言ったら皆爆笑で

「あっはははは!そらアンタの部屋だったらゴキブリとか虫やら色んなもんの目線感じるだろうなー!」

とか大笑いされたそうです。
学校の友達とNは仲がよかったわけではなさそうだったけど
Aはちょっと変なとこがあっても気にしないでNと遊んでいたらしいです。Aらしいかなここも。
Aは私から見ても明るくてなんだか憎めない奴で、まぁ、結構いいやつのほうだと思う。


でもそのNはマジで何考えてんのかわからない子で
Aを含め数少ない学校の友達に『不幸の手紙』を自宅に送りつけてきやがったんですよ。w
それが何回もありまして皆もNにイライラしてNに止めるように言っても無視して止めないので
Nの自宅に直接言いに行ったんです(Aは行きませんでしたが)。親御さんにこのこと訴えようとして。
それで、呼び鈴を押したらNの母親らしき人が出てきたので
「Nさんのお母さんですか?私達Nさんの変な手紙のせいで迷惑してるんですよ!」って言ったそうです。
一人が「手紙を止めてくれないなら警察に言いますから!」って言ったら
母親はそれだけは勘弁してほしいと言って自分もどうしていいかわからない、あの子が恐いと泣き出してしまったそうです。
そして母親に念押ししてNの自宅を後にして帰ろうと歩いていたら何やら視線を感じるんだそうです。
それでみんながその視線の方を見ると、すりガラスの窓越しにNの顔がはっきりとこっちを睨みつけていたんです。
すりガラスなのでこちらからはっきり見えてもあっちからはだいぶ見づらいはずなのに…。

この時点で私は「N、超こええ…」と思いました。笑い事じゃないはずなのにこのことを笑いながら言うAが少しこわいwwのーてんきすぎ。


そして卒業した後もAはNと会ってたそうです。(Aよ…)AはクリスチャンなのでNを教会にも連れてったりしてたそうです。
それで教会が始まる前に個人用のロッカーのような連絡簿をいれたりするような箱になにか手紙が入っていたんですって。
そして教会が始まったなかその手紙をあけて読んで見ると


『死 ん で し ま え !よくもあのとき家に来て言いやがったな!お前なんか死ね死ね市ね市ね氏ね…』


と書かれてたそうです…。あーこわ…送り主は多分、いや絶対N。



Aは「ウチあのとき行ってないのに勘違いされたんよなぁ~」と平気そうに言いました。もっと焦れ。
それからAは二回ほど引越ししたりしてるうちにNとは疎遠になってったそうです。
それなのに、またNから『不幸の手紙』が届いたのです。もう私にはなんのこっちゃかわかりませんでした。
なぜそこまで『不幸の手紙』にこだわり続けるのNさん。

しかもAだけではなく高校のときのあのメンバーにも手紙を送っていたそうです。
そして変なことに皆のあて先の住所がめちゃくちゃ。皆郵便番号が電話番号だったり、住所が皆『T島バス事務所前』なのです。
でも私は不思議でした。なんでそんなでたらめな住所で皆に手紙が届いとるのかと。
当時のメンバー、つまり手紙を送られた本人達は大笑いしたらしい。「勝手に住所T島バス事務所前にされとるーww」とかって。
それからAには手紙以外にも、匿名で(もはや言わずもがな)よく高価なものが送られてきたそうです、デジカメとかまぁ、本とか色々。
それで最後に手紙がきてつらつらと今までの恨み言が書いてあって、でもあなたは違うからみたいなあとに”さようなら”って。


”これだけ書けば私が誰だかわかるでしょ?”で終わったらしい。


今、Nがどうしてるかも生きてるかもわからないが、なんだか悲しい人だと、Nが恐いながらもそう思いました。

っていうかやたら長文になってしまいましたすみませんでした




こちらもどうぞ>>
情熱の結果
前スレでも有りましたが、私もいや~な訪問者の話をひとつ。
以前私の住んでいたアパートにはインターホンが付いているんですけど故障して
いまして、管理会社に申し出てても中々直しに来てくれなかった頃の事です。
1人暮らしなので実家からの荷物とか通販で購入した商品とかが宅急便で届いた時に
は自分で受けとらなければならないんです。
ノックがするとインターホンが故障してるのでドアまで行って覗き穴から確認してドアを
開けます。何回かはセールスとかの招かれざる人の時も有りますので、正直気の弱い
私はそっと忍び足でドアまで行きます。
宅急便の人もインターホンが反応しないので少々イライラしながらノックしてる人も
居てドアを開けると『ああ、いらっしゃったんですか』と不在通知とかを書きかけながら
不満そうに言ったりします。(友達に聞くとインターホンから声が聞こえる事自体を
嫌がって電池を抜いて使えなくしてる女の子も居るそうです)

本当に不在だった時の事、帰宅するとアパートの入り口に並んで設置されてる郵便受けに
手作りっぽい数枚の本みたいな物が入っていました。(何だ?これ)って感じで郵便受け
の下のゴミ箱に棄てようとした時、パタパタって足音がして小さい女の子が走って来ます。
アパートの入り口からジッとこちらを見ていた女の子は、何と言うかとても汚い格好で
雨なんか降ってないのに濡れたセーターと赤い長靴を履いていました。しかも深夜です。
私と目が合うと又道路の方へパタパタと走って行きます。変な女の子だな、と思いましたが
郵便受けから他のダイレクトメールと電気料金とかの請求書を持って部屋のドアを開けようと
していると道路の方で『居たよ!』と声がするのです。
(ええ?俺の事?)と思い慌ててドアを閉めて覗き穴から見ていると間一髪のタイミングで
さっきの女の子とその母親らしい中年の背の高い女性がアパートの入り口に来ました。
息を潜めて見ていると、母親は女の子に『どこ?』と尋ねている様でした。



母親の問い掛けに女の子は首を振っている様でした。なおも覗いていると
今度は母親が郵便受けを開け始めました。
私の住んでいたアパートは二階建で、入り口に有る郵便受けは一階と二階
の合計10部屋分が集合していて上下二段になっていました。
母親は一階用の下段を覗いています。私の部屋は一階の一番奥の105号室
でしたが103号と104号と私の所の三部屋分の郵便受けから手作りの冊子
が棄ててあった様でした。
どうなる事かと見ていましたが、母親はバッグから小さなノートを取り出して
何か書き込み始めました。しゃがんだ母親はペンライトを口に咥えてノートを
てらしながら書いているのですが時折、フッと顔を上げてこちらを見ました。
口のペンライトの光がノートに反射して母親の顔がボウッと見えるのですが
釣りあがった目をしていて髪はストレートというのでしょうか、ピタッと顔の
両側に張り付いている様な感じです。正直こんな事を書くのは嫌なのですが、
しゃがんだ姿で振り向いたせいでスカートの下のストッキングが見えてしま
って、これが何か子供のはく様な分厚いタイツみたいなストッキングでひどく
破けていて気味が悪いのです。

母親は立ち上がると、103号の前に行きインターホンを押しました。こんな深夜に
非常識極まりないと思いましたが、しばらくすると中の人がインターホンに出て
きたのか母親が何か喋っている様です。
母親は驚いた事に女の子を抱っこしてドアの覗き穴の場所に上げました。
まるで女の子をドアの向うの住人に見せている様でした。
5分くらいそうやっていたでしょうか、今度は104号に向かいます。104号の
インターホンには応答が無いようでした。
遂に母親は私の部屋のドアに近付いてきました。



ドアの目の前に来た親子がはっきり見えました。母親の顔は汗でびっしょりと
濡れています。ストレートスタイルと思った髪は汗で濡れて顔に張り付いていて
まるで水から上がったばかりの様になっていました。
インターホンを押してきましたが当然反応は有りません。ジッと顔をインターホンに
くっ付ける様にして何度もボタンを押しています。
押し方が弱いと思ったのでしょうか、グイグイと何度も押しているのです。
私はドアの前で一切の物音も立てないようにしていました。居留守がばれると
あの親子の様子ですから何をしでかすか分かった物じゃ有りません。
それこそ息も止めていたほどでした。インターホンを押すのを止めた母親はドアノブ
に手をかけました。信じられませんが下を見るとドアノブが動いています。
何度もガチャガチャとやった後、親子はやっと諦めたようでアパートの入り口の方へ
戻っていきました。
(いや~まいったな。やっと帰ったか)ドッと疲れた私は玄関から部屋へ入り
照明のスイッチを押そうとして手に持った鞄を床に置きました。部屋のドアを
開けようとした時にフッと思いついたのですが私のアパートの一階の各部屋には
外に洗濯機なんかを置いておくスペースが有ります。アパートの入り口から横へ
廻ると各部屋のそんなスペースに容易に入れるのです。
まさかとは思ったのですが、さっきの親子が部屋の外の洗濯機置き場に居たら?
と思うと恐くなって部屋の明かりを点けるのを躊躇いました。
もし外で待っていたら?そこで部屋の明かりが点いたら?どうなるでしょう。
そう考え始めるとカーテンの向うが不気味で仕方有りませんでした。
あれこれと余計な想像もはたらいてしまって、結局玄関に30分程ジッと
していました。それからドアの覗き窓を確認して誰も居ない事を確認した
あと部屋へ入ったのですが、足音を立てないように慎重にして、結局部屋の
明かりは点けづにスーツだけ脱いで床にゴロンとして寝ました。


断続的な眠りをとってようやく外が明るくなり、我慢していたトイレにも行き
シャワーも浴びて一息ついたところで昨夜の郵便受けを見に行きました。
103号のフタが半分開いています。悪いとは思ったのですが覗いてみました。
【昨夜は夜分遅く、大変失礼致しました。○○(例の女性と思われる名前)】
と書かれたノートを数枚折った物が置いてあります。さすがに中身を読むのは
躊躇われすぐに元に戻しました。104号を覗くと
【ご不在に伺い、お会いできず残念です。○○】とあります。うわあ、気持ち
悪いなぁと思いながら、自分の郵便受けを探ってみました。
案の定ノートを数枚たたんだ紙片が入っていました。
【深夜までお仕事だったようですね。ご苦労様です。○○】と書いてあります。
なんだ、これ?と思いながら広げてみると
【U様(私の名前です)。昨夜はお仕事でお疲れの所、突然伺いまして失礼致しました】
とあり、以下その親子が山陰のS県出身であり、親子で△△教に入信していて
全国各地を廻りながら「この人は」と思った人に会って△△様の話をしている、云々と
書かれていました。なんでも一昨日は隣のK県にいて昨日、徒歩で私の住むO区に
やって来たそうです。(因みに私が住んでいたのは都内某空港のそばです)
5月の大型連休の直後でしたから、夜とはいえ徒歩でずっと来たからあのように大汗
をかいていたのだろうか?などと思って読んでいますと最後の方に
【U様のお宅はインターホンが壊れておいでのようですね。】とあります。
【娘が是非お会いしたいと裏でお待ちしていましたが、お気づきになられなくて残念でした】
心臓がドキッとしました。まさか。やっぱりあそこに居た?
慌てて部屋に駆け上がり、カーテンを開けました。するとガラスにくっきりと小さな手形
が付いており、両手の間には丸い湿った跡が有るのです。
あの女の子は両手を付いて、顔をガラスにピタッと付けて中を覗いていたのです。
いったい何時までそうやって私の部屋を覗いていたのでしょうか。


近所には交番がありまして、そこのお巡りさんは非常に
防犯に熱心な方のようで、防犯パトロールという活動をしています。
私の様なアパートの1人暮らしを中心に部屋を訪ねてくるのです。
偶然なのですが、夕方にお巡りさんがやってきたので今回の話をしました。
『近所でもそのような届け出は出ていませんが』と言いながら郵便受けを
確認しています。101号と102号にはしっかり例の冊子が有りました。
さすがに不在者の私物は押収出来ないので、私の他3人が棄てた冊子を
証拠として持ち帰ろうと、とり合えず私の物を『いいですか?』と言って
調べました。私自身、昨晩ちょっと見ただけで棄ててしまった物ですから
改めてお巡りさんとジックリ見てみました。
最後のページに写真が貼り付けてありました。若い女性が赤ちゃんを抱いて
笑っている写真です。『昨夜の人、この人ですか?』と聞かれました。
非常にきれいな女性で、歳も若くとても昨日の親子には見えません。
そう答えると『う~ん。新興宗教とかの手口ですかね。こういう若くてきれいな
女性が大勢居るって言いたいんだろうけど・・・』と言い、
『でも夜中に押し売りみたいな事しといて、こんな写真残したってねぇ』
と苦笑いしていました。
結局、二度とあの親子が現れる事はなく、お巡りさんも度々パトロールでお会い
する様になり(やっぱり警戒してくれてるんだなぁ)と変に安心したりするうちに
会社の転勤でそこを引っ越す事になったのです。

幸いこれといったその後の事件のような事には遭っていません。
しかし、一つだけこんな考えが今でも頭をよぎるのです。
「あの時の写真、お巡りさんが言ってた、客引きの為のニセモノ写真なのかなぁ」
あの写真は、彼女達のような信者が何もかも捨てて信仰に邁進した結果なのでは
ないだろうか、入信する前は本当にあの写真のような幸せな親子だったのでは
ないだろうか。
今でも全国各地をあの親子の様な変わり果てた姿になって、一心不乱に布教活動
している親子が居るのではないだろうか、と。







こちらもどうぞ>>
金型
コピペですが 


大阪の某社で勤めていたんですが、限界を超えた人が凄まじい行動をするのを
目撃したことがあります。私はそれがトラウマで転職した位でした。

プラスチック成形機の金型ってごぞんじですか?あれの間に、先輩が入って
いったんです。製品がはりついたのかな?とおもって、どうしたんですか?と
声をかけた時気づいたんです。先輩が安全柵を自分でしめていたことに。
ズー、ズシュー、メキメキメキメキパキブシュー。とっさにみなが手元に
あった非常停止ボタンを手当たり次第おしました。私はぴったりと閉じて
しまった金型をみて、たぶんもう生きてはいない事を知っていました。
しかし開けない訳にはいかず、そのジレンマに主任に泣きついていました。
主任は工場長を呼び、そして現場にいた人達を全員工場から退去させて
機械を操作しました。工場長の嗚咽とも悲鳴ともとれる声がしました。
救急と警察の方がきましたが、警官の方は開け放たれた機械をみるなり
口から嘔吐物をぼろぼろとこぼしながら工場の外へと走っていきました。
その時ドアからちょっとだけ見てしまった、そこにはまだ人間の名残を
わずかに残した塊がありました。私はその後失神したそうです。

今でもまだ夢に見ます。




こちらもどうぞ>>
管狐
夜も更けてきたので先日あった少々怖い話をしようと思う。

昔から霊感があると自称している同級生(♀)がいた。
大学生になった頃になっても彼女は時々「霊が見える」だとか「あそこには良くないのがいる」だとかよく言っていた。
日頃仲良くしている私は、そんな彼女の言葉を聞いてか聞かずか、「そうなんだぁ、怖いねぇ」などと軽く聞き流していた。
高校の頃から一緒で、霊を感じると言い張る彼女にずっと半信半疑だったが、この前それを決定付ける出来事が起きた。

先々週の日曜日。
バイトが終わり少々疲れていた私は、携帯を見るのを忘れて床に着いた。
目が眠さでまどろむ頃に携帯を見た。
彼女からメールが来ていた。

Sub:無題
本文:悪霊にとりつかれたかもしれない・・・



私は彼女のメールに寝たまま首を傾げながら、何があったの?と返信した。
その日、彼女からの返信はなかった。

次の日。
大学の経営学の授業で会った彼女は、いつもより少々やつれて見えた。
私が昨日のメールについて聞くと、
「あぁ・・・何でもないよ」
と言ってそれきり黙りこんだ。
私がそれでも彼女を心配して聞き続けると、
「・・・あなたに憑いちゃダメだから」
私はなんだか背筋が寒くなった。
正直な話、私は霊の存在なんてほとんど信じちゃいないけれど、その時の彼女の顔と口調は嘘を言っているようには思えなかった。

授業が終わり、彼女と別れ帰途につくと、彼女からまたメールがあった。
「今日はごめんね」
悩み事があれば相談に乗るよ、と返信して携帯を閉じた。

変化は次の日の夜に起きた。
部屋で漫画を読んでいた時、彼女から電話が来た。

私「もしもし?」
彼女「あ・・・今大丈夫?傍に誰かいない?」
私「いないけど、どうしたの?」
彼女「ちゃんとよく見て。黒い影とか気配とかない?」
私「大丈夫だよ。どうしたの?」

彼女は何かに慌てている様子だった。
声に生気が無く、でも何かに急かされているような。




彼女「うん・・・実はね、昨日のメール、本当なんだ」

その時、電話の向こうで、彼女の声の他に何かが聞こえているのに気がついた。
カリカリ、カリカリ、と爪で何かをひっかくような音。

私「悪霊に疲れたって本当なの?なんでそんなことになったの?」
彼女「私が、おばあちゃんの言ったことをしっかり守らなかったから・・・」
私「言ったこと?・・・それって一体どんな・・・」
彼女「わ、私が・・・管をちゃんと整理しておかなかったから・・・」
私「クダ?一体何のこと」

段々とひっかく音が大きくなってきていた。
カリカリ、カリカリ。

私「ねぇ○○ちゃん。後ろで鳴ってる音、何?」
彼女「え?音?」
私「うん、カリカリって」
彼女「ヒッ!!」

彼女は小さく悲鳴を上げると、電話を切った。
いや、今思うと「何かに」切られたのかも知れない。
その後何度か彼女に電話もしてメールもしたが、返事はひとつとしてなかった。

その日から、彼女は学校で全く姿を見なくなった。
授業中も、いつもいる談話室にも、彼女はいなかった。




彼女と全く連絡が取れなくなって5日が過ぎ、心配で堪らなくなった私は彼女のマンションを訪れた。

私がマンションの入り口に入ろうとする直前、携帯が鳴った。
彼女からの電話だった。

私「○○ちゃん?授業に全然出てないけど、どうしたの?」

返事はなかった。
でも、電話の向こう側から何か聞こえていた。
爪で何かをひっかくような音と、何かの声。
ごにょごにょと何かを呟いているような、不気味な声。

私「どうしたの?今マンションの前にいるんだけど、何かあったの?」
彼女「・・・来ないで」
私「え?」
彼女「く、来ると、あなたも憑かれてしまう。」
私「一体どうしたの?憑かれるってなに?」
彼女「私みたいに・・・つ、憑かれて・・・しまうから、だめ。

彼女の声とは別に、あの呟くような声がしていた。

私「今、誰かいるの?」
彼女「い、いない。誰も・・・誰も・・・ひゃあああ!!」

彼女のつんざくような悲鳴がした。
私はエレベーターに乗って彼女の部屋の前まで急いだ。

私「どうしたの!?何があったの!?」
彼女「いや!あの音がする!!誰かいる!!!」

私がエレベーターに乗っている最中も、彼女は何かに恐れおののき絶叫し続けていた。


彼女の部屋の前まで行くと、中で彼女の絶叫と大きな物音が響いていた。

私「○○ちゃん!?」

私は彼女の部屋に飛び込んだ。
すると、彼女の声も物音も止んだ。

私「・・・○○ちゃん?」

私はゆっくり玄関を進み、彼女を探した。
彼女の寝室の前まで来た時、中から音がするのに気付いた。

カリカリ、カリカリ。

私「中にいるの?」

返事はなかった。
私はドアノブを回してドアを開けた。



彼女はベッドの上で、私に背中を向けるように体育座りしていた。
部屋の中はちらかっていた。
テーブルはひっくり返され、いつも綺麗にしてあった棚の小物は全て床に散っていた。
彼女は壁に向かって何かをしきりに呟いていた。
指を壁につけて、擦っているように見えた。

カリカリ、カリカリ。

彼女は爪で壁をひっかいていた。

私「○○ちゃん?大丈夫」

私はベッドの横に回りこんで彼女の顔を覗き込んだ。
生気を失い、深い隈をつけた目を、カッと見開いていた。
ゆっくりと彼女の首がこっちを向いた。

彼女「おばあちゃんの、狐が・・・」
私「キツネ・・・?」
彼女「あの音がする・・・カリカリって・・・憑かれてるの・・・」

彼女は正気をなくしているように見えた。

彼女「カリカリって・・・音が・・・ひぃぃ・・・」

彼女は膝に顔を埋めて、それきり黙りこんだ。
私は、彼女の言う音が、自分の爪で立てている音なのだろうと重い、彼女の腕を掴んで壁から離した。

彼女「・・・止んだ・・・」

それを言うと、彼女は座った姿勢のまま横に倒れこんだ。



私が彼女を抱き起こすと、彼女は浅い寝息を立てていた。
わけのわからない私は、彼女の携帯から、近くにある彼女の実家へと電話した。

私「○○のお母さんですか?私□□です。」
母「あ、□□ちゃん?どうしたの○○の携帯から」
私「私もわからないんですが、○○ちゃんが変なんです。すぐ来てください」

彼女の母はすぐ行くと言って電話を切った。
その時、
何かが目の前の壁を這っていくような気配を感じた。
遅れて音が聞こえた。

カリカリ、カリカリ。

音は、目の前の壁を横に移動して、開けたドアの方へと向かっていくようだった。
少しずつ音が遠のき、やがて聞こえなくなった。
私は、彼女の母が来るまでの数10分間の間、金縛りにあったかのように動けなかった。




大学が夏休みに入り、彼女はマンションを引き払い実家で暮らすようになった。
あれからも度々彼女の家を訪れ彼女と会うが、彼女は以前生気を失った顔のままいつも俯いている。

4日前、珍しく彼女の祖母が家に泊まっていたので、彼女について聞いてみた。

祖母「管狐にやられたのかもしれんね」

そう言って祖母は家の奥から一つの小さい筒を取ってきた。

祖母「これが狐を入れておく管でね、これを大事に置いておかないと狐様に祟られるんでね」

聞くと、祖母の家は代々管狐を扱う家なんだそうで、彼女も例外ではなかったそうだ。
彼女はマンションに筒を一つ持っていったが、無くしてしまって狐に憑かれたのではないか、と祖母は言う。

狐憑きになってしまった彼女が一体これからどうなってしまうのか、私にはわからない。


長文失礼。




こちらもどうぞ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。